読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の記録

本と音楽好き主婦の日々のあれこれ・・・

10月に読んだ本♪

10月は16冊でした。

『市立ノアの方舟』『ぼぎわんが、来る』が面白かったな~。ホラー系は今まであんまり読んだ事がなかったからぼぎわんが衝撃的だった。

11月もドンドン読んでこぉ~❣❣❣

(⁎˃ᴗ˂⁎)

 



明日の食卓明日の食卓感想
もぉ~やるせない思いでいっぱいです。子育てに興味のない旦那ならいない方がましなのかな…だけど経済的には厳しいし子供にお金の心配はさせたくはないよな…お金に余裕があって専業主婦だって子育てが上手く行く保障なんてなんもないし…不幸な事件、どうすれば良かったのかな…。2016.08.31
読了日:10月30日 著者:椰月美智子
危険なビーナス危険なビーナス感想
とても読みやすいんだけど大分じらされた感が…後半一気に真相が明らかにされます。ゴタゴタに巻き込まれた獣医の伯朗さん、ご苦労様でした。『ラウムの螺旋』画像検索しちゃいました。2016.08.26
読了日:10月28日 著者:東野圭吾
市立ノアの方舟市立ノアの方舟感想
面白くって一気読みです。廃園が噂される動物園が舞台で、新園長が諦めムードの飼育員達のやる気スイッチをさり気なく押します。動物描写ではフラミンゴが印象的で職業体験の中学生の話も良かった。明るい未来を想像させられるラストで笑顔で読了です。2016.04.20
読了日:10月27日 著者:佐藤青南
総理に告ぐ総理に告ぐ感想
現役総理大臣のスキャンダルのネタを掴んだライターが 公安、警察、マスコミを巻き込んで総理の不正を暴いていきます。NEOの4人も良いのですが、極東テレビの山本会長が最高です。正義は勝つ!2016.04.30
読了日:10月25日 著者:永瀬隼介
揺らぐ街揺らぐ街感想
仙河海市を舞台にした3・11。女性編集者と2人の作家が今回の主役です。装丁と題名に切ない話なんだろうなと覚悟を決めて読んだんだけど 出版業界とか作家と担当編集者の関係性がほとんどだったからホッとしてます。2016.08.20
読了日:10月22日 著者:熊谷達也
猿の見る夢猿の見る夢感想
薄井正明59歳、ファストファッションをチェーン展開する会社の財務担当取締役。読み始めは 何この人最低って思ったんだけど…最後までクソジジイのままでした。おっちょこちょいの甘ちゃんってあったけどそんな可愛い感じは微塵も無い。セパ両リーグ、女性を軽く見てるくせにいつも女性の尻を追いかけてる、このエロジジイめ。それにしても揃いも揃って自分勝手な人達ばっかりだったな。2016.08.08
読了日:10月20日 著者:桐野夏生
東大と野球部と私――勝つために大切なことは何か東大と野球部と私――勝つために大切なことは何か感想
短時間で効率の良い練習法、練習中は選手が主役。コーチをしていた2年間だけじゃそんなに簡単には勝てない、ドラマの様には上手くはいかないね。勝つ喜びを味わう為には何をすべきかを導き出す桑田さんの姿勢がとてもいいなぁと。準備・実行・反省、これは野球以外のことにも通じるなって思いました。東大野球部繋がりでの大越健介さん(新潟出身アナウンサー)との対談も良かったです。2016.06.05
読了日:10月19日 著者:桑田真澄
農ガール、農ライフ農ガール、農ライフ感想
農業未経験のアラサー女子が目指した「希望に満ちた農村ライフ」上手く行かない事ばかりだけど一生懸命やってる姿はきっとどこかで誰かが見ていてくれる。ってか何だかんだ言って割と上手く行ってる方じゃないかな?人との出会い、ご縁は大事にしなきゃですね。2016.09.20
読了日:10月18日 著者:垣谷美雨
主夫のトモロー主夫のトモロー感想
「主婦って大変だよね。」って主夫トモローに話しかけられてるような気分で楽しく読み終わりました。バリバリ働きたい妻がいて家事能力の高い夫がいて経済的に問題がないのであればこの形の夫婦は全然ありでしょう。2016.5.25
読了日:10月17日 著者:朱川湊人
ずーっと 幸せが続く生き方ずーっと 幸せが続く生き方感想
素敵に年齢を重ねるコツを参考にさせてもらいました。ワクワクドキドキする事楽しいって思える事は人それぞれだから自分の好きだなぁ~ってことを積極的に。噂話や文句ばっかりのおばちゃんにはなりたくないのだ。2016.04.10
読了日:10月16日 著者:横森理香
三の隣は五号室三の隣は五号室感想
第一藤岡荘の五号室で暮らした人々の物語。一年だけの住人もいれば何十年か経ってまた同じ部屋に戻ってきた者もいる。大事件なんて起きないだからここでの暮らしは繋がれて行くのだけれど…日常のささいな事でここで暮らした人たちの存在が確かなものになる。2016.06.10
読了日:10月9日 著者:長嶋有
ぼぎわんが、来るぼぎわんが、来る感想
日本ホラー小説大賞受賞作】あまり読まないホラー物だから怖かった、けど物凄く面白かった!「ぼぎわん」と呼ばれる化け物は怖い。でも本当にヤバいのは人間の負の感情の方なのかも。心のすきま、気を付けないともうすぐやって来るハロウィンに紛れてぼぎわんがやって来るかもよ。2015.10.30
読了日:10月8日 著者:澤村伊智
3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)感想
あ~笑った、面白かった。Chapter.123のお熱のモモちゃんがスゴく可愛くって この画が目に焼き付いて離れないの。ついでに素麺を食べ過ぎて苦しんでる2人も・・・(笑)
読了日:10月8日 著者:羽海野チカ
女子的生活女子的生活感想
性別とか年齢とかとっぱらって人と人との相性ってあるんだろうな。みきちゃんを人として認めてる後藤君がとってもいいです。「生きる事は困難で、でもその中で下らない冗談を言える人が好きです。」のあとがきにホントその通りだなって思ってます。2016.08.20
読了日:10月7日 著者:坂木司
匿名交叉 (『このミス』大賞シリーズ)匿名交叉 (『このミス』大賞シリーズ)感想
ネット上の掲示板、匿名での書き込みから始まりストーカーへ繋がる過程が怖かった。あれがこれに繋がるのかと驚きの後半、最後まで楽しめました。匿名だからって好き勝手やってると怖い目にあうかもだよね、個人特定…調べる気になれば素性は簡単に知れちゃうの?2016.07.08
読了日:10月3日 著者:降田天
ヒッキーヒッキーシェイクヒッキーヒッキーシェイク感想
装画に一目ぼれです。見れば見る程ワクワクする。そして多分初読み作家さん、うん、好みかも。『不気味の谷』を超えようとのヒキコモリカウンセラーの誘いにネット上に集められたヒキコモリと伝説のウィザード。竺原のミッションを遂行すべくヒッキー達が行動的になっていくんだけど「おもしろそう!」って思ったら人はちょっと変われるのかもね。2016.05.25
読了日:10月1日 著者:津原泰水