読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の記録

本と音楽好き主婦の日々のあれこれ・・・

本屋大賞2016

 

4月12日 本屋大賞が発表になりました🌺

初期の頃は、ただただ単純に本を読むのが好きなだけのあたしにも分かりやすい、取っ付きやすい楽しみなイベントだったんだけど、最近はそうでもなくて…
ノミネート作が、既に読んでる本や他の賞を授賞していてもはや有名でしょ~な作品が多いからなんだけど😅


だけど、どの作品が授賞するのかはやっぱりチェック👍


【羊と鋼の森】が本年度の受賞作品でした♪
f:id:youkorori:20160414062915p:plain

 

10月21日読了のあたしの感想  ↓

 

心に響く素敵な作品でした。『ラの音の鍵盤をポーンと強めに叩く。すると整えられた音はただの音から艶めき音色となり 真っ暗だった森の中に一筋の光を差し込む。風が吹き 木の葉の上の水滴がキラキラこぼれる。』こんなイメージが頭に浮かびました。心震える音。感覚でしかとらえることの出来ない音の世界、調律師として成長する誠実な外村の姿がとっても良かった。本当に素敵な作品 やさしさでいっぱいです。2015.09.15
読了日:10月21日 著者:宮下奈都

 

 

 

こちらがランキング。

 

 

 

2016年本屋大賞の受賞作発表

順位表紙書籍名/作家得点
大賞 『羊と鋼の森』表紙 『羊と鋼の森』
宮下奈都(著)
文藝春秋
372点
2位 『君の膵臓をたべたい』表紙 『君の膵臓をたべたい』
住野よる(著)
双葉社
327.5点
3位 『世界の果てのこどもたち』表紙 『世界の果てのこどもたち』
中脇初枝(著)
講談社
274点
4位 『永い言い訳』表紙 『永い言い訳』
西川美和(著)
文藝春秋
261点
5位 『朝が来る』表紙 『朝が来る』
辻村深月(著)
文藝春秋
229.5点
6位 『王とサーカス』表紙 『王とサーカス』
米澤穂信(著)
東京創元社
226.5点
7位 『戦場のコックたち』表紙 『戦場のコックたち』
深緑野分(著)
東京創元社
223点
8位 『流』表紙 『流』
東山彰良(著)
講談社
99点
9位 『教団X』表紙 『教団X』
中村文則(著)
集英社
93点
10位 『火花』表紙 『火花』
又吉直樹(著)
文藝春秋
46点

 

10作品中、3位になった『世界の果てのこどもたち』だけが未読、あとは読んでましたね。「永い言い訳」も「朝が来る」も好みの作品だったな~。あっ、どっちも映像化決まってるんだった、うん、楽しみだ★